読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

留置所黙示録

2014年3月末日児童ポルノ買春及び児童ポルノ法違反で家宅捜索されました。書類送検されたあと8月某日に傷害で逮捕されました。トップ絵はクジラックス先生からもらいました。※なお当ブログは犯罪の抑止のためのブログです※

書類のミスによりまた事情聴取へ

2回目の取り調べが終わったあと。しばらく経ってまた大量に電話がかかってきた。

今度は何だと思って取ったらW部刑事だった。

「もっしもしW部です」
妙にテンションが高そうな声と確実に人に嫌な気持ちを与えてくる話し方は聞き返さなくても分かる。

「あのさあ○○君。またこっちに来て欲しいんだけどさ」

もう意味がわからない。取り調べは終わったのではないのかと思うとちょっと、いやかなり腹が立ってきた。

「えーと取り調べは前で終わったはずですよね。今度は何です?」

「あのさあ取り調べの時拇印押してもらっていたじゃん。

あの時日付のサインが間違えてたからもういっかいこっちに来て訂正して欲しいんだよ

事情聴取をされた際にこれは私が言った発言ですという内容のものにいちいち日付とサインをする必要があったのだが、どうやら日付を向こうが間違えて書いたらしく訂正をして欲しいから署まで来て欲しいとの話だった。

ふざけるな。


さすがに書類を訂正するだけで都内から神奈川まで行きたくなかったので仕事終わりに渋谷あたりで会えないかと話すとこれに関しては向こうのミスだからかこちらの意見を聞いてくれた。

その際、向こうもいちいち電話してもこっちが取るのが面倒になったのが分かったからか、SMSを送ってきた。しかも絵文字がやたらに多くて仕事でこんな顔文字使っていいのかと思った。

あと電話番号を登録したからか今流行りのLINEに勝手に登録されてしまった。

もしかして友達?の文字と一緒にW部刑事のアイコンが浮かび上がってくる。なぜかブルースリーのコスプレをしていてノリノリだ。

僕はそれをそっと消去した。


仕事終わりに渋谷に行くとスーツの刑事が2人立っていた。家宅捜索の時に会ったW刑事以外の2人である。

がいがあかうんたーを目の前に出して「こういうのよく見るの?」と聞いた生真面目そうな刑事と初めて来た時はとんでもない人相の刑事がいると思った鬼瓦みたいな刑事の2人である。僕も仕事帰りだったので、スーツを着た集団となり傍目から被疑者と取り調べをする刑事ではなくただのリーマンにしか見えなかっただろう。

f:id:kusomushi686:20150817043431j:plain

こっそり写真を撮ったが普通の格好であった。


「わざわざ渋谷まで呼び出して大変なんだからな」と鬼瓦の顔をした刑事にまた憎まれ口を叩かれたのを覚えている。そちらのミスなのになぜこのような偉そうな態度を取られるのだろう。そう思うと内心イラっときたのを覚えている。

渋谷のモアイ像のあたりで2人の刑事に囲まれるように書類の訂正をしたら
「じゃあこれの書類を検察に送るからもう取り調べは終わりだよ」と言われた。
訂正をしたときは6月の半ばだったのでかれこれ3ヶ月は経ったわけだ。そろそろいい加減解放して欲しいと思っていたのでようやく終わりかとほっとした。

だが、さらにまた1度署に向かう羽目になったのだ。

広告を非表示にする